1件ずつ表示 
2015.02.10 Tue

ちぢみホウレン草

冬季限定のホウレン草

ちぢみホウレン草は寒締めホウレン草とも呼ばれる物で、品種名ではなく栽培方法によるものです。
一般的なホウレン草は寒い冬の間はハウスやトンネル栽培が中心になりますが、昔ながらの露地栽培することにより寒さに耐えられるように葉に厚みが出て糖度が上がり旨みも増すのです。ホウレン草は少しでも日光に多く当たるよう地面に張り付くように葉を広げ、葉が縮れた状態に育つことからちじみホウレン草と呼ばれるようになりました。
また、厳冬期や東北地方ではある程度までハウスで育て、収穫する前に一定期間寒い外気にさらしておくことで真冬でも同じようなホウレン草が栽培出荷できます。このような栽培方法を「寒締め」と呼びます。
当然、この栽培方法の特徴がしっかりと現れるのは12月~2月頃の寒い冬の期間だけとなります。
◆ちぢみほうれん草の特徴

一般的なホウレン草は束で袋詰めされたものが売り場に並びますが、ちぢみホウレン草はターサイのように葉が横に広がるため束には出来ない状態で袋詰めされています。
葉が肉厚で甘味があり、ほうれん草らしい味が濃く感じられます。当然、カロチンやビタミン類などの栄養成分も多く含まれ、五訂日本食品標準成分表でみると夏場の物と比べビタミンCが3倍も多くなっています。


旬の食材百科epinard-fuyu03.jpg
より



きのことベーコンとチーズのパン
アスパラのベーコン巻き
卵焼き
ちぢみホウレン草のソテークルミのせ
ホットミルク

今日も寒い一日でした。 明日の祭日は少し暖かくなりそうです。
楽しい休日にしてください♪




人気ブログランキングへ
関連記事

続きを読む
Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://bill1215.blog.fc2.com/tb.php/119-9868feaa

この記事に対するトラックバック: